サイトマップお問い合わせ
HOME >> アミノドン


イオンモール神戸北で古代サイ アミノドン展 開催!

 平成12年、長尾町内(現在の赤松台と上津台)で古代サイ「ザイサンアミノドン」の化石発見!のニュースをご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「イオンモール神戸北」 オープン10周年記念イベント

「太古の神戸 *アミノドンの森*」★『アミノドン展』★が開催されます。

ぜひお出かけのうえ、わがまちの貴重な宝物を今一度ご確認ください。

  【日  程】 平成28年11月18日(土)〜11月27日(日)まで
  【開催時間】 9:00〜21:00
  【開催場所】 専門店街1階・すずらんコートにて(中央エスカレーター付近)

アミノドンを発掘された、兵庫県立 人と自然の博物館 三枝春生先生の講演会も開催されます。

【日  程】 平成28年11月23日(祝・水)
【開催時間】 13:00〜
【開催場所】 イオンモール3階 イオンホール <入場無料/予約不要>

 *イオンモール神戸北 ホームページ

 1999年 サイの仲間「ザイサンアミノドン」の化石が長尾で発見されました!


 アミノドン音頭のCD できました!


 パパからひとこと

 おいらたちがくらしていたのは、恐竜もいなくなった、今から3千万年以上も昔のお話し。おいらたちは、実はみんなもよく知っている動物、サイの祖先。まあ角のないサイだと思ってくれ。正確な名前は、「ザイサンアミノドン」っていうんだ。ちゃんと覚えといてくれよ。

 日本が大陸とつながっていた頃、渡り歩いてやっとたどり着いたのが、ここ。今の長尾という場所にある、高津甲山のふもとの大きな池のそばさ。俺たちは水がないと生きていけないからな。周りにはマンモスや、オオツノシカ、隣村にはカバの祖先とかいう小さいやつらもいて、みんなで仲良くくらす、のんびりした日本一の楽しい村だぜ。私がしっかり守っているから、敵も近づけないしな。

 一度見せてあげたいが無理か。まあタイムマシンでも発明されたら必ず来いよな。

 

アミノドンファミリー

 アミノドンのパパ

顔は怖いが、ホントは家族思いの優しいお父さん
村一番の力持ちで、村のみんなからも頼りにされる存在
お父さんがいるから、悪いやつらは近づけず、村の平和が保たれている。

 お母さん

家族の全員から愛され、頼りにされている優しいお母さん
どんなときでも笑顔を忘れない。普段はパパの影でそっとみんなを笑顔で
見守っているが、子供たちに危険が及ぶと、お父さんも怖がるほどの頼りになる、お母さん。

 ナガオくん

アミノドンファミリーのお兄さん。
おとなしく、人見知りなテレやさん。のんびり我が道を行く優しい性格だが、
実は兄弟の中では一番のしっかり者
普段は目立たず、いざというとき頼りになるお兄ちゃん。

 コーズくん

ヤンチャで、チャッカリものの弟。
あわてんぼうで、失敗も多いが、決してへこたれない。
いつも両親や、お兄ちゃんたちに迷惑をかけているが、
明るい性格なのでみんなから好かれている。

 アミちゃん

生まれてまだ一年の可愛い妹。
お母さんが大好きで、いつもお母さんのそばにいる。
まだしゃべれないが、お兄ちゃんたちと同じ事をしようとして、
いつも失敗する姿が可愛い、マスコット的存在。

 3700万年前神戸にサイがいた

 1999年3月 絶滅したサイの仲間の「アミノドン」の化石が、神戸市北区赤松台の神戸層群吉川累層(約3700万年前)で見つかった。
試掘した兵庫県立人と自然の博物館(三田市)によると、肩甲骨や歯など、複数固体が極めて良好な状態で多数出土。大型哺乳類の化石としては国内最古級。アミノドンの大型種で日本初の「ザイサンアミドン」の骨格とみられる。アミノドン類がまとまって出土した例もなく、専門家は「哺乳類の進化を知る大きな手掛かり」と大きな期待を寄せている。
 (読売新聞より)

 *詳細は「ザイサンアミドン 化石」などの
  キーワードで検索してみてください。


絵/北野千恵子さん


| アミノドンTOP | アミノドン音頭 | HOME |

ページのトップへ ▲

アミノドン研究会

Copyright(C) 2015 All Rights Reserved.